2009年04月03日

大学への進学

4月。俺は大学生になった。


卒業と進学、退寮と独立の狭間に。

何を考えたのか、何を考えなかったのか。


学園生活を振り返って。

そしてこれからを見据えて。




なんて高尚な事を言ってみたが、ようするに。
進路決定にまつわる設定披露日記ってところだな。

続きを読む
posted by 紅月 光也 at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

アンゴウヲカイドクセヨ

ある冬の日の深夜の事。

部活の所属者向けに部屋を寮として貸している洋館の一室で、少年は一人机に向かっていた。テスト前でもないのにこんな夜更けまで勉強か…と思ったが、ノートが1冊広げられているだけで教科書の類が無いところを見るとどうやら違うらしい。

「んー…何だよ、クソ…」

真新しいノートの1ページを前にシャープペンシルを器用にクルクル回しながら悪態をついている。
そのノートには丁寧な文字で【…●×紅…紅×●?】と書かれていた。

「アイツが『怒られる』って言ってたのも気になるしな…」

どうやら、友人と誰かの会話を聞いてしまったが、意味がわからなくて悩んでいるようだ。

わからなくて良かったというべきか残念というべきか…?



(でも、怒らないのか…?)

「ん?」

何か聞こえた気がした少年はゆっくりと部屋の扉を開け、廊下を見渡す。
しかしそこにはただ暗闇と静寂があるばかり。

「………仕方ない。寝るか。」

気のせいだと思い込むことにして少年はベッドにもぐりこんだ。
posted by 紅月 光也 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

【背後日記】5/5は大阪オフ

GWには日本縦断オフ(といっても5箇所だけど)が開催された。

俺の背後は手芸部で仲良くしてもらってるメンバーと集まる為に大阪オフに出かけたらしい。

今回は背後によるオフレポ日記となっている。


注:同背後の他キャラについても触れているよ。
  なおかつ面倒くさいから背後口調らしい。





大阪オフレポ
posted by 紅月 光也 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

回覧版 〜色々バトン〜

ある日の夜の事――

寮の自分の部屋で雑誌を見ていたら不意にノックの音が響いてきた。
誰だろうかと思いながらも返事をしながら扉を開くと、そこに立っていたのは笑顔の天野だった。

「天野か。どうかしたのか?やけに楽しそうだけど」
「あぁ、ちょっと紅月に渡したい物があるんだよな」

そういって天野が差し出してきたのはB5サイズのファイルだった。


「何だ、これ?」
「回覧板だってさ。じゃ、渡したからな?」
「あ、おい!」

それだけ言い置いてさっさと自室に引き上げてしまった天野。
俺の手にはシンプルなファイルが残った。

それにしても回覧板?この寮ってそんなもの回ってたか?
まぁ新しく始めたものかもしれないし、とりあえず見てみるか。


そう言って開いたそのファイルには質問が記載されていて、アンケートの要領で答えを記入していくようになっていた。

色々バトン、か。とりあえずやるかな。



観覧板を読む
posted by 紅月 光也 at 01:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

土蜘蛛戦争

3月下旬。以前から動きを見せていた土蜘蛛の連中を掃討してしまおうという大掛かりな戦争が計画された。


「ポジション事に別れて話し合うのか…。どうするかな。」

自分の能力を鑑み、また力を合わせる事を考え、しばし逡巡したあと、光也は【コマンダー】の集まる教室へと向かった。

―――的確な作戦を立てる事が出来たら…全員の力になれる―――
そう。彼がコマンダーを選んだのは、たった一人の己よりもより多くの他へと利する為だったのだ。

けっして、背後同士の「そういや、周りにコマンダーの子っていないよなー」などという会話で決められたわけでは、断じて、ない。


戦いの末
posted by 紅月 光也 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

蜘蛛依頼についてのトンデモ論

その日、俺は大食堂の片隅で珈琲を片手に考え事をしていた。

「姫様に母上様、それに女王か…一体何なんだろうな…」

完成したばかりの報告書の中からあの蜘蛛の妖獣に関するものだけをプリントし
それを眺めながら、蜘蛛から変化した怪しげな男のことを考えていたのだ。

「あれ、光也君。どうしたの?」

そこに現れたのはフレア・タカツキだった。
レイヤも含めた幼馴染だったんだけれど、中学の頃の俺は塾通いの毎日で会う事もほとんどなくなっていたから、銀誓館へ来て何年かぶりに再会したのだ。

「あぁ、ちょっと依頼の報告書を読んでてね…。聞いただろ?蜘蛛男の話」
「えぇ…蜘蛛の妖獣を助けようとしてたみたいですね。…何なのでしょうか。」
「そうだね。こいつらが何者なのかは…今は想像するしかないけどな。」

少し気になることだし、ブレスト代わりに色々話してみるかな…。


話の続き
posted by 紅月 光也 at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

新年の挨拶と東京オフ

遅くなったけど、明けましておめでとう。
今年も、みんなよろしくな。


年越しはトワと2年参りで念願の初デートもできたし、
俺としてはおみくじが末吉でも微妙でも気にしないさ。

今年はトワとの思い出をもっとたくさん作っていきたいな。(微笑)


あぁ、そうそう。
背後が東京オフに参加したらしいんだ。
以下はそのレポートらしい。興味ある人はどうぞ。

※別キャラについても多少触れていますのでご注意を…。

TW公認東京オフ
posted by 紅月 光也 at 01:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

☆★☆Happy Merry X'mas!☆★☆


日曜日、本来ならば学校は休みであり、銀誓館の教室には人影は無い。

……ハズなのだが。今日はクリスマスイブである。
学園をあげてのクリスマスパーティーが行われる為、このキャンパスでもあちらこちらから賑やかな声が聞こえてくる。


この校舎のとある教室にも、人影があった。
だが、それは他の教室のように楽しそうにはしゃいだものではなく……
一人で窓の外を見上げる光也の姿だった。

〜モノローグ〜
posted by 紅月 光也 at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

自PCキャラで格ゲー バトン

天野から不思議な本を借りた。

「深層心理(背後の趣味)が分かる本」〜自PCキャラで格ゲーバトン編〜

……何だコレは。格ゲーって、あれか?ばーちゃるふぁいたーとか?(何
俺はそういうのは良く知らないんだが…(←今まで真面目クンだった

まぁ背後がとりあえず読めと言ってるしまぁ目を通してみるか。

本を開く...
posted by 紅月 光也 at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

引越し。

おかしい。何で俺の書いた日記が読めなくなってるんだ?
何か良く分からないが…設定し直さなきゃいけない気がする。


まぁいいや。とりあえずもう一度設定からか…

うん?なんか気に入ったスキンがあったはずなんだけど…
色々勝手が違うな…なんだ?

………まさか、世界結界か?! (違います/笑)


背後によるご説明
posted by 紅月 光也 at 09:24| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

自PCで恋愛ゲーバトン その2

天野のところで見つけた怪しげな本

「深層心理(背後の趣味)が分かる本」自PCで恋愛ゲーバトン編

その続きを読むべく栞を挟んでいたページを開いた。
だが、どうにも深く考えさせられる物で、なかなか進めずにいた。

でもやっと最後まで答えきった。
こんな物でいいのか?と首をひねっている光也。


「まぁ暇つぶしにはなったかな。」

More…
posted by 紅月 光也 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

自PCで恋愛ゲーバトン その1

天野のところで何やら不思議な本を見つけた。

「深層心理(背後の趣味)が分かる本」自PCで恋愛ゲーバトン編


何冊かシリーズでたくさん出ているらしいそのうちの1冊みたいだ。
天野自身が持っているのは今のところこれ1冊だと思われる。
質問がたくさんかかれていて、それに対して応えていく形式のようだ。

ん、ヒマだしちょっと拝借するかな。

More…
posted by 紅月 光也 at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。