2006年11月06日

親友の祝い事

今夜は、ふと気が向いたので談話室へ行ってみた。
まぁ最近はよく顔を出しているけどな。

今日は(も?)親友のレイヤが来てた。
天野と白雪も居て、少し皆で話をしたりしてた。


その時はまだ、こんな展開になるとは思っていなかった。


レイヤは女の子にめっぽう甘い。
俺の分析によると、レイヤは猫かわいがりするタイプだ。

それを早く思い出すべきだったんだろうな。

ひたすら白雪を背伸びしてまで撫でている様子を見て
もう少し早く気付いていれば…

もっとじっくりニヤニヤと見ていられたのに。
まぁいい。生暖かい目で見守っておこう。

そう思っていたら、今度は白雪がレイヤを撫で始めた?!


しかも2人して撫でてはニコニコ、撫でられては照れまくり。
これはひょっとしてひょっとするのか?!


そんな時、撫でられたレイヤが気持ちよくて眠そうにしだしたから
俺は「こんなところで寝ないで自分の寮に帰れ」と言…おうとした。


が、結局そんな野暮は言わずに済んだんだ。
何故かって?そんなのは決まっているじゃないか。


白雪もレイヤを憎からず思ってたみたいだな。
膝枕をしてやるとか、寝ても抱きかかえて寮(レイヤは別の寮)に送るとか…
そして言った後にものすごい勢いで照れる白雪。


天野が帰った後にやってきた帯刀は2人を観察した挙句に
「まるでお見合いみたいだ」と称していたっけ。
全くもってそのとおりだと俺も思ったね。全面同意だよ。

しかも、2人とも揃いも揃って
「お見合いなんて(自分はいいけど)相手に失礼だ」って反応。
いやぁ、初心なカップルは見ていて実に微笑ましいね。


そして…とうとうレイヤが照れながらも白雪に告白!
白雪の方もすごい勢いで照れながら応えた。



親友に彼女ができるのを目の前で見るとは思っていなかったけど
何だかんだ言って嬉しいもんだな。


…別に先を越されたからって悔しくなんか無いぞ?

posted by 紅月 光也 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 寮つき手芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28278057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。