2009年07月12日

異邦人 仮プレイング

●心情

悲しみか憎しみか、こうして現れたという事は何かあったのだろう
東から白い朝の来る前に、想いも含めて…空に返してやらないとな


●戦闘準備

クレールに憑依をしてもらい、その状態で猫変身して川沿いの道を
地縛霊出現ポイント付近まで進み変身解除、イグニッション状態になり
ゆっくりと橋の方へと歩いて行く
囮になって地縛霊を仲間の待つ橋へ誘い込むのが狙い

もう暑い季節だが夜明け前という事もあり、スーツはきちんと上着も着用


●戦闘

地縛霊が攻撃を仕掛けてきたら即座に憑依しているクレールを呼ぶ
「囮成功だ!クレール、出てきてくれ!」
この合図で憑依解除されたら、橋に向かって逃げ込みつつマジカルロッドで射撃
攻撃の優先順位は回復を使う男性霊3体から

道幅が狭いので囲まれ対策に、クレールがマヒした場合は置いて逃げずに
魔弾の射手奥義での回復や炎の魔弾奥義を使用したりしながら耐える
橋へ誘い込み待ち伏せていたメンバーと合流できたら、あとは全力で倒すのみ
ここでも攻撃の優先度合いは変わらず男性霊から

「つかみ損ねた幸せは、その長い爪や髪を使ったってもう届かないんだぞ!」

●事後

それにしても、地縛霊の彼女が探していたサラリーマン…を装ったスーツの俺と、
憑依して一緒に誘導してくれた、地縛霊と似通うところのある容姿のクレールと…

彼女の望むような関係でもなく狙ったわけでもないし、適正でこうなったんだけど
何というか、皮肉な組み合わせだったね


以上598文字

posted by 紅月 光也 at 01:23| Comment(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

大学への進学

4月。俺は大学生になった。


卒業と進学、退寮と独立の狭間に。

何を考えたのか、何を考えなかったのか。


学園生活を振り返って。

そしてこれからを見据えて。




なんて高尚な事を言ってみたが、ようするに。
進路決定にまつわる設定披露日記ってところだな。

続きを読む
posted by 紅月 光也 at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

狙われたバトラー 仮プレイング

「銀縁眼鏡が似合う、クールな眼差しの美青年」がナンバーワン執事、か。
俺もバイトしたら人気出るのか?
まぁ、今のところそんなバイトする気はないけどな。


●作戦準備
前衛組+BS持ち二人でヴィルヘルム氏確保

前衛はそのままその場で応戦、
アフローランが人質を後衛位置まで運ぶ

敵撤退時、戦闘不能の敵0の場合のみ追撃
1名以上確保済なら追わない

敵捕縛用にホームセンター等でロープを購入


●行動
俺は前衛で攻撃
アビ優先度:爆水掌奥義(以下爆水)>通常攻撃
※爆水使用時は吹き飛ばしの方向を考えて立ち位置に注意する

敵優先度:ジュン>足止めされていない敵>足止め中の敵&ケイ

初手はうまくジュンに接敵できれば爆水
不可能なら後衛をその他の敵から守るように立ち分身
2手目以降はその他の敵狙い
「今は、お前ら邪魔なんだよっ!」

安全な後衛位置まで人質が移動したら一度分身使用
敵逃亡&追撃必要時には優先度:爆水>水刃手裏剣>術式攻撃
「逃げるんじゃない!」
「最低条件はなんとかクリア…か」

日下部が眠らせた敵は狙わない
体力がきつくなってきたら分身を使う

戦闘不能の敵が出たらロープで簡単に縛り後衛位置へ運んでおく



●事後
日下部に人質を眠らせてもらい店内へ運び込む
机に突っ伏した状態にして去る(夢と思わせるため)


それにしても、ある意味「見えてる狂気」だったよなぁ
あの女装、しばらく悪夢見そうだよ…(げっそり

呼称:全員苗字呼び捨て






以上、598文字@2月7日 0時45分現在

アビ:爆水掌奥儀8 水刃手裏剣(無印)8 霧影分身術(無印)8

HP:628  CP:373 (半端な防具ですみません)
posted by 紅月 光也 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

アンゴウヲカイドクセヨ

ある冬の日の深夜の事。

部活の所属者向けに部屋を寮として貸している洋館の一室で、少年は一人机に向かっていた。テスト前でもないのにこんな夜更けまで勉強か…と思ったが、ノートが1冊広げられているだけで教科書の類が無いところを見るとどうやら違うらしい。

「んー…何だよ、クソ…」

真新しいノートの1ページを前にシャープペンシルを器用にクルクル回しながら悪態をついている。
そのノートには丁寧な文字で【…●×紅…紅×●?】と書かれていた。

「アイツが『怒られる』って言ってたのも気になるしな…」

どうやら、友人と誰かの会話を聞いてしまったが、意味がわからなくて悩んでいるようだ。

わからなくて良かったというべきか残念というべきか…?



(でも、怒らないのか…?)

「ん?」

何か聞こえた気がした少年はゆっくりと部屋の扉を開け、廊下を見渡す。
しかしそこにはただ暗闇と静寂があるばかり。

「………仕方ない。寝るか。」

気のせいだと思い込むことにして少年はベッドにもぐりこんだ。
posted by 紅月 光也 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

新年会〜手芸部身内オフ@大阪〜

新年明けましておめでとうございます。

今年もこんな得体の知れない書き物を訪れてくれてありがとうな。

というわけで、新年早々に寮つき手芸部で行った身内オフのオフレポだよ。

一応背後事情はあんまり出さない方向でいこうと思ってるけど、
問題がある人はいつでもクレーム出してくれて構わないからな。

というわけで気になる人だけ続きをどうぞ。





オフレポを見てみる
posted by 紅月 光也 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 寮つき手芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。